一定期間更新がないため広告を表示しています

筒井さんは初挑戦。個人的には正統派SF作品である、と位置づけたワケですが(笑)、なかなか深くておもしろかったです。とても読みやすいのもナイス。
 

旅のラゴス (新潮文庫)

中古価格
¥271から

ミステリ風仕掛けが散りばめられた連作短編集。
またしても文句ナシに面白かった。
やっぱり世界観と登場人物のキャラで一気に持ってかれます。
もう、完全にファンです。
 

チルドレン (講談社文庫)

新品価格
¥648から
(2015/2/5 15:11時点)


★チルドレンを楽天ブックスで検索!★

またもこの人、再読了。これはなんとなく覚えてました。ロック歌手の歌詞をモチーフにしていたり、文系っぽいといいますか、シリーズ中では異色の作な感じ。ついでに言うと、これでもかというくらい正統派なミステリだな、という印象でした。

JUGEMテーマ:書評


一夜にして読み終えました。感想は…何とも微妙なところ。。すっと読めてしまった分、すらっと通りすぎてしまったような。実はそこに深みがあるのか、または深みがないのが持ち味なのか…?ついつい詮索してみたくなりますが、そんなことをすると作者に怒られてしまいそうです(笑)。


JUGEMテーマ:書評
 

アフターダーク (講談社文庫)

中古価格
¥1から


★アフターダークを楽天ブックスで検索!★

またまた再読了。激烈偏屈なキャラに大掛かりかつ緻密なトリックが光る、これぞ森作品。隠された人間関係のどろどろ具合がひどくて笑えますが、この人意外とこーいうの好きなんですよね〜(笑)。

うーん、これまたすごい。タイトルや絵柄から、てっきりオカルト系かと思ってたんですけど、ま、その要素もちらっとはありますが、本格ミステリだこりゃ。何がすごいって、字が多い(笑)。じゃなくて、それもほんとなんですけど、絵の描き込の細かさもすごいし、読みごたえがすごい。

ちょっと漫画読んでる感覚じゃないです。あ、ちなみに絵描いている人は「ヒカルの碁」とか「あやつり左近」とか、描いてた人なんですね。細かいけど、キレイな絵です。

で。もーストーリーなんてもんは、僕にゃ説明できませんわ(笑)。話も細かい、っつかややこしいっつか。だいぶ頭使いますね。でも話が進むに連れて、ずんずんのめり込む感が増して行くので、これまたすごい。すごい、ばっかだな。。でもほんと、すごい(笑)。読んでみれば、分かります。

あー、漫画でもここまで出来るんかな、とか思いましたね。んでこれが人気出た、ってのが実はすごいと思う。かなりマニアックだと思うんだけどなー。世界観的にはちょっぴり村上龍っぽい、ような気もする。

これは間違いなくオススメです。やっぱ漫画っていいわ〜(笑)。
 

DEATH NOTE (デスノート) 全12巻完結セット [マーケットプレイス コミックセット]

中古価格
¥733から


★「デスノート」を楽天ブックスで検索!★

お久しぶりの再読了。やっぱりこの人ばっかり読んでしまうのです。これもエンタメ色が濃く面白い。トリック的なところはなんとなく覚えてたものの、ラストのどんでん返しをすっぽり忘れる程度のノーミソなので、衝撃の結末をもう一度味わえました(笑)。
 

 

JUGEMテーマ:書評

 

少し前に著作権関係のアレコレで話題になりましたこちら。これまたすごいですわ〜。。これが漫画だってコトがまずすごいっすね。漫画のレベルじゃない重さ、中身。一種の暴露本ですよね。医療関係者はこれ読んでどう思うんだろか…。

きっとどの世界とか分野でも、その中の人たちにしか分からない領域ってのがあると思います。でも、それがこと医療となると、人間の命が懸かってるワケですからね。見逃せない。聞き逃せない。だから、痛いくらいにシビア。理不尽なその世界に立ち向かう主人公からは、思わず目を背けたくなることも。心が痛みます。ひりひり、びりびりします。

そして、生について、死について考えます。元々僕は、死生観(なんていうとカッコつけてるみたいですが)については、色々考えてしまうクチですが、常々の考えでは及ばないような世界に連れてってもらいました。これはある意味、ひとつの金字塔ではないですかね。今まで知らなかったのがもったいない。色んな見方があるとは思いますけど。ともかく僕にはこれでもか!と響きました。
 

ブラックジャックによろしく 全13巻完結(モーニングKC ) [マーケットプレイス コミックセット]

中古価格
¥668から


★楽天ブックスでブラックジャックによろしくを検索!

これやベー。マジやべー。全7巻、一気読みしました。スピリッツでの連載中にちらっとだけ読んでましたが、全編通して読んだのは初めて。


しかしいやはや重い…。好き嫌いは分かれるんだろうなー。。基本は恋愛モノだと思うのですが、世界観が独特…というより、半ば異常(笑)。ストーリーについては、めんどくさいので省きます(笑)。

いやしかし、途中で読むの辛くなって、もうやめようかなとか思ったくらい、切ない。素通りできなくて胸がきりきりと締め付けられる。とか言っててなんだか、恥ずかしいんですけどね。。何度か、涙も出てしまいました。何となく知ってはいたけど、ここまで哀しくて切ない物語だとは思わなかった。ちょっとびっくり。


うーん、なんだか色々考えさせられたなー。。やっぱり漫画だって、バカには出来ないのです。ある極限状態を通じて、人間と言うもの、命というものがものすごくストレートに描かれていると思う。自分にとって大切なもの。大切な人。家族。守るべきもの。そして自分に出来ること。ほんと、アタマの中、ぐちゃぐちゃかき回されて、考え方を変えさせられるくらいの力を持った作品でした。

僕だって、強くなりたい。あぁ、強くなりたい。少なくとも、自分の大事なものを守れるくらいに。その気持ちをいつでも持っていられるように。そして、その気持ちをきちんと、伝えられるくらいに。

…あぁ、くさいくさい(笑)。
 

最終兵器彼女全7巻 完結セット (ビッグコミックス)

中古価格
¥1,389から


★楽天ブックスで「最終兵器彼女」を検索!★

シーナさんの、自伝的私小説シリーズにおける最重要作、であると個人的には思います。20代前半の頃の、あやしくも愉快な仲間達との共同生活をメインに描いた、青春群像モノですね。前に紹介した「新橋烏森口青春篇」のひとつ前の時代にあたる作品で、ずっと読みたかったんですが、なかなか古本で手に入らなくてですね。ようやく、上下巻ともにとてもいい状態でゲット。

で、感想としては、当然の如く面白かったです(笑)。漫画かよ!ってくらい、キャラの濃いあやしい仲間達、もちろんシーナさんもその一人。しかし、出来事の描写が異常なくらい細かくて、これは当時みんなで記していた日記様のものをネタ元としたから、であるらしいですが、そーいう日常の些事がやたらリアルで面白い。んで特筆すべきは、その時の仲間達と、彼は今でも遊んだり、さらには仕事も一緒にしている、という点であります。

どーなってんだよ?と思うけど、そーいう不思議なつながりが、彼らにはあるのですな。この作品からもそれは感じることが出来ます。いわゆる友情もの、的な側面はその実なかったりしますが(笑)、そーいうんじゃないんだな。何つーかフィーリング的なものというか、人間が人間として、人間と付き合う上で大事なこと、とかそーいう感じ。や、そんなこむずかしい話じゃないんですけどね。。ま、そんな愉快な人間模様の話です(笑)。
 

哀愁の町に霧が降るのだ 上 (小学館文庫)

中古価格
¥123から


★楽天ブックスで「哀愁の街に霧が降るのだ」を検索!★